こんにちは。ゆうです。

今日は、どうしても皆さんにお伝えしたいことがあってお手紙を書くことにしました。

もしこれから「ネットビジネスで稼ぎたい!」とあなたが思っているなら

その考え方が一気に変わるかもしれません。

はじめに断っておきますが、

このページを最後まで読んだからといって、

「明日から収入が◯倍に増える!」

とか

「稼ぎ方のコツがわかる!」

とか

そういったネットビジネス系のテクニックが身につくわけではありません。

(テクニックについては、後にまた解説します)

ですが、あなたが初めて間もないビジネス初心者だろうと

もう既にそこそこ稼いでいるビジネス上級者だろうと

今日これからお伝えする内容を日々意識していただければ、

確実に人生の充実度が上がることはお約束します。

僕が掲げる理想世界を、皆さんがきちんと汲み取ってくれて、

そこに向かって情報発信ビジネスを始めよう!と思っていただければ

「お金を稼ぐ」という次元を超え、

集まった仲間と共に送る最高に楽しい人生が待っていることでしょう。

そのためには、いくつか覚えてもらいたい言葉や概念があるので

最初にそちらを共有しておきますね。

もちろん人にもよると思いますが、

こんなにも文明が発展して、生活水準も上昇して、

現代は、とても”生きやすい”世の中になりました。

インターネットがあるので、いつでもどこでも最先端の情報にアクセスできます。

街を歩けばそこら中に「コスパ最高」の飲食店が並んでおり、少ない賃金でも美味しい料理が食べられます。

働き方も多様化し、個人で億を稼ぐ猛者も次々に現れるようになりました。

中学生や高校生でも、サラリーマンの生涯年収を優に超える額を稼ぐ世の中です。

一見、幸せなように見えるかもしれません。

てか実際、幸せな時代に生まれたと思います。

ですが同時に「本当に大事なものを見失いがちな世の中だな」とも思います。

本当に大事なものとは何なのか?

それは、日本人が古くから大事にしてきた価値観です。

厳密にいうと、縄文時代とかそのくらいです。

縄文時代の日本人は、ムラを作って同じコミュニティに所属する人のために食料を確保したり、住居を作ったりして生活していました。

また全ての物(万物)を神様と見立て、モノやヒト、自然に対して敬意を払ってきました。(八百万(ヤオロズ)の神々と言います)

こういった、仲間のために日々を生き抜く精神、目の前の人に対する感謝や敬意の心は、我々日本人のDNAに深く刻まれています。

だから、日本人はモノを粗末に扱うことに抵抗を感じるし「もったいない」とか「おもてなし」といった言葉が流行ったりするんです。

…まぁ大事なものなんて人それぞれあるだろうし、

ここで僕が「これが日本人には大事なんですよ!」って高らかに語っても

「いやそれはお前の意見でしょ」

って言われてしまったらおしまいです。

なのでここから、ちょっと違った視点から「今の時代に潜む問題点」を浮き彫りにしていきたいなと思います。

>人生に潜む、魔物の正体

我々の人生には、常に魔物が潜んでいます。

まぁ、魔物というのは「人の一生を狂わす概念」として考えてください。

生きてると、いろいろあるじゃないですか。

中学高校と学生生活を経て、大学に進学したと思ったら就職が待っていて…。

何とか就活を乗り越えて企業に勤めて…そこでもいろんなことがあると思います。

そういった人生ストーリーの中に絶えず潜んでいるのが、魔物です。

魔物は英語でDevil(デビル)と読みますが、この頭文字『D』の形に変化して我々の人生を狂わせてくることが多いです。

『でも』

『だって』

『どうせ』

『できない』

『ダメ』

『だけど』

こういった言葉に変化して、我々の一生を狂わせます。

そして、魔物というのは言霊の世界で”間物”という風に言われて

間が生じた時にスーッと潜んでくると言われています。

例えば、今週末期限のレポートがあった時に、「まだ期限まで3日間ある!」と思ったら

「早めにレポート取り組んだ方が良いのはわかってる。”だけど”まだ時間あるし、ギリギリになったら取り組もう」

といった感じで、後回しにしてしまったりします。

また、何か新しいチャレンジをして人生が変わる!ってタイミングの時に、

「でもまだ挑戦しなくて良いかな…」とか「どうせ私なんてダメかな…」とか

Dの魔物が発生しやすいです。

その結果、レポートを提出し忘れてしまったり、

本来チャレンジして人生変わるはずだったタイミングを逃してしまったりするわけです。

魔物はちょっとの油断に入り込んで、人生を狂わせてくるんですね。

>魔物に支配された人達の末路

・自由に!好きなことを賜与u!」

・自分の私利私欲のために行動

・世の中がどうなってもいい、自分達の利益になればそれで良い(メディア)

魔物に支配された人の人生というのは、充実感を感じることができません。

「でも・・・」「だって・・・」といって

挑戦すること、言われたことを実践することを避けて過ごすので

自分の今置かれた状況の下で、

平常運行するだけの一生を過ごすことになります。

折角本を読んで知識を蓄えても

それを実践せず、読んだことによる満足感を得るだけで終わってしまう…って感じだと、すごく勿体無いですよね。

まぁ

こんなこと偉そうに言っておきながらアレですが

僕も、Dの魔物にしょっちゅう支配されて、生きています笑

僕は今とある会社に勤めているんですが、

朝起きて、「なんか今日調子出ないな…」と思ったら

「すいません、今日ちょっと体調不良で…」と言って、仮病したりします。

内心、「だって、今日はなんか元気ないんだもん!」です。

また、ビジネス系の情報商材を買ったりコンサルを受けたりもしてきましたが、

「でも、僕はこういう風にやりたいから!」

「どうせ、そのノウハウってあなただからできるんでしょ?」

といって、いくらお金を払って学んだとしても

偉そ〜に我流を貫いてきました。笑

ですが、そうやってDの魔物に溺れて生きてきた結果どうなったかというと

周囲からの信用を失い、自己肯定感が下がり

結果は、もちろんついてこなかったんです。

今では多少人の言うことを聞けるようになったし、仮病も少なくなりましたが、

正直、まだまだだなと思います。

そんなもんなんです。

人間、誰しも完璧な人なんていない。

大事なのは、『魔物とちゃんと向き合う』ということです。

>根本原因

魔物が発生するすべての根幹となる原因があります。

それは、「利己主義」です。

自分の私利私欲のために物事を判断し、行動し、生活する。

この生き様そのものに、魔物が潜む原因が潜んでいます。

利己主義の反対として、利他主義というものがありますが

もちろん100%利己主義な人は存在しなくて

70:30=利己:利他

50:50=利己:利他

みたいな感じで、人それぞれ割合はあります。

自分の利益を最優先して、「自分のために」判断、行動していく。

こういう生き方は、魔物にとっては格好の餌なんですよね。

なぜなら自分のために行動してる人って、

目の前の人がどんなに救いの手を差し伸べてても

「今の自分には助けられない」といって、時間的な”間”を作ります。

「だって、自分はまだ人を救えるような存在じゃないから!」

「でも、自分以外にも他に救える人がいるはず!」

…結局

・面倒だから

・責任を感じたくないから

・嫌われたら嫌だから

・失敗したくないから

といった理由で、目の前の人のために自らの力を使うことを放棄するんです。

自分を守るため、に。

そして厄介なことに、

世の中に対して影響力のある人、メディア、風潮の多くは

こういった「利己主義」を推奨するように、できています。

なぜなら、その方が楽だからです。

好かれるんですよ。

例えば、学校の先生でこんな人いませんでした?

「学校の授業大変だよな!よし、今日は自習にするから!好きなように過ごしていいぞ!」

…といって、毎回自由な時間を与えてくれる先生。

自分の好きなように過ごさせることによって

「この人はわかってる!」と思い込ませ、好かれようとする風潮。

特に平成の時代は、顕著に現れてるんじゃないかなと思います。

そしてこれは、ビジネスにも言えます。

はっきり言いますが、世の中のマーケティング(売るための施策)は十中八九、利己主義層をターゲットにしています。

人間の持つ欲求を刺激し、

「いかに自分が綺麗になるか」

「いかに自分が楽しむか」

が、考えられるように仕向けられています。

またTVで放送されているニュース番組や新聞の掲載もです。(全部が全部とは言いませんが!)

最近はコロナウイルスの報道が尽きませんが、感染者数を連日報道することで

「自分もかかったらどうしよう…」「死ぬんじゃないか…」

と、自分の身に降りかかる恐怖を煽るような供述がされています。

やっぱり人って、「自分が一番大事」という本能が備わってるので

コロナによる「世の中的な経済への打撃」よりも「個人に振りかかる感染リスク」の方が興味を引くことができます。

その方が視聴率も取れますしね。

こういった利己主義の考え方を

魔物は「待ってました!」と言わんばかりに食らいついてきます。

みんながみんな

「誰かのために!」

とか

「世の中のために!」

とか考えだすと、本当にみんな幸せになっちゃうんですよ。

魔物はこれを嫌がります。

(あくまで、そういう見方ってことで捉えてくださいね!笑)

魔物にとっての理想世界は、

みんながみんな自分のために思考し、行動し

権力のある一部のものだけが私利私欲を謳歌し

欲望の渦にまみれた世の中…です。

魔物は人間の住む世界を支配したいと思っているので

とにかく人と人を隔離させて、一致団結させない。

繋がりをなくし、全体の力を弱らせようとしてくるのです。

・・・まぁ、仮に魔物がいるとしたら!って仮定で話してますので

そういう見方で捉えてくださいね!

>目指している理想世界に行くルートとは?

ここまで、利己主義〜とか魔物〜とか抽象的な話をしてきました。

ですが、ここからは少し具体的なお話をしたいと思います。

まず情報発信ビジネスで成果を出すには、以下の3つが必要になってきます。

1)あなた自身の哲学

2)あなた自身の経験

3)情報発信ビジネスのスキル

ここまでお話ししてきたのは、あなた自身の哲学・経験と関わってくる部分になってきます。

どんな考えを持ち、どんな経験をするのか。

それによって独自の発信が行われることになるからです。

そして次に必要になってくるのが

情報発信ビジネスのスキルです。

具体的にいうと、

・マーケティングスキル

・セールススキル

・ライティングスキル

・仕組み化スキル

・自動化のスキル

…などなどです。(結構多いです!笑)

んで、皆さんにはこれらの力をつけてもらいつつ

自分自身の哲学を磨き、経験値をつけていただきたいと思っています。

哲学や経験は、別にネットビジネスに捉われずとも磨くことができるし、積み上げられます。

例えば、お店に入って商品を買う。

この行為自体にもあなた自身の考えが現れ、経験になります。

商品を購入するときに

「感謝しながら商品を買うのか」

「早くレジ打てよ!ってイラつきながら買うのか」

によって、その人の目の前の人に対する向き合い方が現れますし

そういった行為一つ一つの積み重ねが経験となり、あなた自身の仕事や人間関係おける実力に繋がってきます。

要は、情報発信者にとっては”日常が全て試練”みたいな感じなんです。笑

そして、その試練との向き合い方そのものがコンテンツとなり、

発信材料となるのです。

発信材料が得られたら、次はそれを発信し、お金を稼ぐことが必要になってきます。

情報発信ビジネスにおいてお金を稼ぐ方法は色々あるのですが

僕が推奨してるのは、『コンテンツ販売』です。

(なぜかあんまイメージ良くないけど)

要は、情報商材を売るってことですね☆

情報商材って、あなた自身の哲学や経験を織り交ぜて、

一つの『情報=ストーリー』としてパッケージ化することなんですよ。

そこにはいろんな思いが詰まってるし、ネット空間上に需要があったら十分商売として成り立つんですね。

そして、「自分自身で商品を作ってそれを販売する」という一連の流れを経験することで、ビジネスの全体像を肌で学ぶことができます。

商品企画〜集客〜販売〜アフターフォローまで全部一貫して行うので、めちゃくちゃビジネススキルつきます・・・!

これからあなたがどういった人生を歩みたいかまではわかりませんが、

正直ビジネススキルほど一生役立つスキルはないと思うので(お金を自分で稼ぐ力があれば、食いっぱぐれる事はありませんからね)

「情報発信ビジネスを通じて、ビジネススキルをつける!」みたいな感覚で始めてみても良いんじゃないかなと思いますね。

>未来B 避けたい未来

「情報商材を売りつける」

っていうと、なんかイメージ悪い気がしませんか?

特に始めたての頃だと

詐欺なんじゃないか…とか、怪しい…とか

色々考えると思います。

実際、あんま良くない情報商材を高額で売りつけて儲けてるプレイヤーもいます。これは事実です。

(あんま良くない…とオブラートに言いましたが、実際はかなり酷かったりします)

ですが結局、これって情報発信ビジネスに限った事じゃないんですよね。

もちろんみんながみんな、とは言いませんが

巷で成果をあげてるセールスマンも、持ち前の営業力で変な商品を高額で売りつけてたりします。

個人の資産運用をお勧めするファイナ◯シャルプランナーも、全然的を得てない商品を提案したりします。

街のお医者さんも、本来は別に必要ないのに「オクスリ」を薦めたりします。

保険の営業マンも、占い師も、不動産会社も、転職エージェントも、テキトウな事言って多くの利ザヤを稼いでたりします。

もちろん、本当に良い思いで仕事してる人もいますが、

多くの人が

「これって自分の報酬につながるかな?」

「社内で褒められるために売りつけよう!」

「もっと稼いでやろう!」

といった思いで目の前の仕事に向き合ってるのも、事実でしょう。

…別に稼ぐことが悪いって言ってるわけじゃありません。

稼ぐことは本来、良いことです。

目の前の人の役に立って、その人の人生を良くして

感謝されるものです。

ですが、多くの人っていうのは

『自分の私利私欲』のために、日々の仕事を淡々とこなしています。

そうです。最初にお話ししたように、利己主義なんです。

僕は最近、ネットビジネスで成功してる方(個人で月1億とか稼いでる人もいます)の話を聞く機会があり、

よくテーマに上がるのが「稼ぐと幸せは両立するのか?」っていう話です。

ネットビジネスって、はっきり言ってめちゃくちゃ稼ぎやすいんですよ。

初期費用もかからないし、僕が教えてる「コンテンツ販売」をきちんとこなせば、

個人でサラリーマンの月収くらいは余裕で超えると思います。

ですが、余裕で稼げるからこそ罠に落ちやすいんです。

私利私欲で稼いでしまうと、あまりにも自由になりすぎて、不幸になるんですよね。

自分自身が、その自由度に追いついてないんです。

莫大なお金と自由な時間が手に入っても、それをどう使うか?がわからないんです。

少なくとも利己主義から抜け出さないと、稼いだ金を全部私利私欲のために使ってしまい、人格が崩壊します。(そういう人って、めっちゃ人を見下すし、色々ヤバいです。)

『セミリタイア』

っていうワードありますが、はっきり言ってこれは目指さない方が良いです。

まぁ僕自身セミリタイアした事ないので、アレなんですが

セミリタイア実際にしたことある人の、殆どが不幸になってるんですね。

人生において最も不幸な状況って

『暇』なんですよ。

セミリタイアしてる人って、ずっと『暇』なんです。

まぁ投資とかFXやってるかもしれないですけど、ここで得た金も世のため人のために使ってない限り、自分の時間と私利私欲を満たすことしか機能しませんよね。

そもそも世のため人のために動こうと思ってたら

セミリタイアなんてしないはずです。働くはずです。

毎日減っていく貯金に怯えながら、

暇な時間を持て余す…これほど不幸でつまらない人生があるでしょうか。

メディア

理想世界を拒むものは何か? 理想と真逆のもの、邪魔しているもの、悪しき習慣、古い常識 過去のダメだった頃の自分 否定しない!

ここまでまとめると、僕が言いたかったのは

私利私欲を目的にしたビジネスは、不幸になる!ということです。

…まぁ偉そうに言っといてアレですが

僕も元々私利私欲しか考えてませんでした。

誰かのためにビジネスするとか綺麗事だと思ってたし

売上出してナンボだと思ってたし、売れればそれで良いと思ってました。

アフィリエイトもしてましたが「自分の商品じゃないから良いだろう」と思って、ガッツリ人を騙すような誘導で毎月稼いでた時期もありました。

もう、これってある程度しょうがないと思うんですよね。

だってみんな結局そうじゃないですか。

本気で心の底から、誰かのために!とかそう簡単に思えないじゃないですか。

自分が一番可愛いじゃないですか。自分の利益のためだったら、「良くない」とわかってても道を踏み外しちゃうことってあるじゃないですか。

魔物はいたるとこに潜んでます。

テレビやネットのニュース、

YouTuberの発信、Twitterのタイムライン

職場の同僚との会話、友人や恋人との会話…

ほんと、いたるところにです。

「自分が一番可愛い」が当たり前になってる世の中です。

それに残念ながら、皆さんのように「ビジネス学びたい」といってLINE@を追加する意識高い方なんて、世の中単位で見たらこれっぽっちです。

多くの人は、学ぶことすらしません。

学ばずに、どうやって利己主義を抜け出せるでしょうか?

本気で世の中良くしようと思ったら、

本当に大変なんです。

僕は、このネットビジネス業界全体を変えたいと思っています。

ネットビジネスは、使い方次第で相当大きな社会貢献になると確信してるからです。

たった一人の発言が、何百万単位の人に伝わったりします。

#をつけて発信すれば、何万って人に一瞬で言葉を伝えられます。

良い思いで情報発信する人が増えれば、

その発信を通じて人生に希望が持てたり、前向きに進もう!って思える人が増えると思うからです。

僕は文章やパブリックスピークを通じて、発信を受け取った方の人生が少しでも良くなれば…と思って活動してます。

発信を通じて「考えさせられました!」「きっかけになりました!」「希望を持てました!」って声をいただくと、内心本当嬉しいです笑

極端かもしれませんが、「あ、自分生きてて良いんだ。」とか思えたりします。

どうしてこういう風に感じるかというと、

それは多分、日本人の本来持つ「心の在り方」が原因なんだと思います。

冒頭でこんなこと言いました。

—————————————————————————————————————-

縄文時代の日本人は、ムラを作って同じコミュニティに所属する人のために食料を確保したり、住居を作ったりして生活していました。

また全ての物(万物)を神様と見立て、モノやヒト、自然に対して敬意を払ってきました。(八百万(ヤオロズ)の神々と言います)

こういった、仲間のために日々を生き抜く精神、目の前の人に対する感謝や敬意の心は、我々日本人のDNAに深く刻まれています。

だから、日本人はモノを粗末に扱うことに抵抗を感じるし「もったいない」とか「おもてなし」といった言葉が流行ったりするんです。

—————————————————————————————————————-

まさにこういった、縄文時代から受け継がれている八百万の精神が今でもDNAに刻まれていて

「その思いを日々実感したい!」と心の奥底(魂の領域)で思ってるんだと思います。

こういった他者貢献の意識を根本に持ちながら、

皆さんには「主人公マインド」を身につけていただきたいと思っています。

まるで物語の主人公のような、生き方をしていただきたいのです。

物語の主人公って、決まって困難にぶち当たります。

(大体困難は敵(=魔物)が引き起こします)

そんな時、逃げるんじゃなくきちんと立ち向かって

その敵をたお・・いや。

仲間にして欲しいのです。共存して欲しいのです。

日本の漫画であるワンピースやNARUTOの主人公は

ただ単に敵を倒すのではなく、その敵とちゃんと向き合って、

最終的には仲間になる…という展開が非常に多いです。

西欧的な、ヒーロー物と違って、

日本の主人公は、敵すらも改心させて新しい世界を作り上げる…という寛容な心を持っています。

色んな価値観を取り入れて、文明を発展させる…

それこそ日本が古くから大事にしてきた『和』する精神です。

皆さんには、日本の物語の主人公のような

生き方をしていただきたいです。

そういった心持ちで、情報発信をすれば

誹謗中傷に悩むこともなくなるだろうし(まぁ多少はあると思いますが!笑)

きちんと相手に価値を与えて、感謝された上で

お金を稼ぐことができるはずです。

>今やっていることが広まったら、世界はどうなるか? 旧世界と新世界を統合させ、無意識の応援を働かせる

ネット空間上に、あなたのムラを作る

このお手紙では、僕がこれから皆さんにお伝えしていく、

情報発信ビジネスに対する捉え方をお伝えしました。

何よりもお伝えしたかったのは、

利己主義を辞め、世のため人のために発信しましょう!ということです。

それが日本人としての本来の在り方だし、インターネットの可能性を信じてるからこそ、僕はこの業界に参入しました。

特定の誰かをdisるつもりはありませんが

「人生逃げ切ろう!」…と生きることから目を逸らすのではなく

ちゃんと目の前の困難と向き合って、人生というストーリーを最高に面白くしよう!というのが僕のコンセプトです。

もちろん、自分のストーリーをお金に変えていく方法も教えます。

(ビジネスの力は一生涯使えますからね!)

そしてそして

もののふくんを通じて

もう一つ、大きな目標があります。

もののふくんの発信やコンテンツを通じて、自分のストーリーを高らかに語れる人が増えていくことで、

みんながそれぞれの物語(人生)の主人公となり、それぞれのテーマを通じて自分自身を成長させていき

もちろんお金も稼げるようになって

みんなそれぞれが主役のコミュニティを作るようになって、志のあるコミュニティがいくつも出来て…

ネット空間上に、『映画館』のような場所を作りたいなと思ってます。

各々のストーリーに登場人物がいて、テーマがあるんです。

面白そうじゃないですか?笑

情報発信ビジネスなら、こういう未来も実現可能だと思うんです。

ネット空間が、それぞれの生き様を映せるような場所になったら

みんなもっと自分の人生に誇りを持てるだろうし、

良い思いで発信する人が増えたら、日本全体に良いエネルギーが循環します。

だから、是非とも力を貸していただきたいです。

これからも、コンテンツをお送りするので是非受け取ってください。

まずは皆さんに情報発信ビジネスを通じて、お金を稼ぐ感覚を身につけていただきたいので

そのために必要なスキルやノウハウも、お渡ししていきます。

ですが何より大事なのは

あなた自身の目の前にある困難を乗り越え

そのストーリーをコンテンツとして発信すること。

この意識だけは忘れないでくださいね。

皆さんと一緒に、より良い情報発信ビジネスができたらと思います。

ここまで、長くなりましたがありがとうございました。