こんにちは。ユウスケ、と申します。

不束者ですが、今日は自分の日頃思っていることや学びを書いていきたいと思います。

僕は今、ちょっと変わった生活をしていまして。

出身は関東なのですが、色々あって関西に一人暮らししています。

元々東京で一人暮らししていたのですが、とある神社参拝セミナーというのに参加し、そこで関わる人と近づきたい!という思い、成長したいという思いから大阪に住むことになりました。

大阪に住んでからは、そこで一からアルバイトをして日々あくせくと稼ぎながら成長しつつ過ごしています。

神社参拝セミナーを主催しているのはゆにわという団体で。

ゆにわというコミュニティの中で食事をいただいたり、日々出会いをしたり学びを受けたりして暮らしています。

毎日濃密な時間を過ごさせていただき、不安や孤独感などありますが、楽しく過ごしています。

神社参拝セミナーというからには・・スピリチュアルな団体ではあると思います。

ですが現実ありきのスピリチュアルなので、「神様に祈っておけばハイオッケー」なんてことはなく、毎日の仕事や日常生活こそ修行の本質であるという風に学びを受けています。

当然神様という視点は日本人全員持った方が良いとは思いますが、信仰するだけして満足し現実はどーでもいいやポイって人よりも、神様なんか信じない!と言いながらも日々目の前の嫌なことと向き合ってる方の方が、意気投合するかもです。そんな感覚で生きています。

僕は今マ○ドナルドのスタッフとして働いているのですが、そこでは日々の仕事、役割を守り高めつつも、心を磨かせていただいてます。

心の修行。

結局心というのは、私たち人間にとって最も分かりやすい?自然の一部としての存在だと捉えています。

自然は、調和の中でそれぞれが生かされあっています。

雨が降って穀物が育ち、花が咲いて生き物が命をつなぐように・・それぞれが相手を生かしています。

人間にとってのそれが心である場合、心の修行というのはつまり「相手を思いやる心」を育てる修行であると捉えるわけです。

相手を思いやると言えば・・一番分かりやすいのが仏様でしょう。

つまり仏になりたいわけです。これを菩薩行と言います。

少し回りくどい言い方をしてしまいましたが、菩薩行をさせていただいているというわけです。

現代社会は、本当に心が暗いなと思います。

不安と恐怖でいっぱい。街に出て、「この人明るいな~!」と思うのは天真爛漫な子供くらいです。スーツを着ながら笑顔でいる人を見かける方が難しい。

そしてそんな情勢が当たり前になっていて、特に気にもしないというのもまた怖い。

普通に生きていて、心を使うことなんてほとんどないでしょう。(頭を使うことは多々あると思いますが・・笑)

とはいえアルバイトをすると、「仕事」という役割が与えられるので、誰しも心をつかわざるをえません。

そんな中で、一緒に働く人たちと心と心のぶつかり合いや交わりをさせていただいているということなんです。

多くのスタッフは、「心なんか使いたくない!」と思っている人が大半で。

とりあえず給料がほしいから働いているわけで、言われたことを淡々とこなし、適度に休みながら自分のペースで働きたいっていうのが本音でしょう。

ですがそういった自分中心の働き方って、続けていたって成長もないでしょうし、せっかく生まれてきたのにそんなんでいいの!?!?って思うわけです。おせっかいかもですが。

それに!そういう自己中な人に限って、本気で仕事をしている人を小馬鹿にしたり、散々お世話になっているくせに感謝もなかったり偉そうにしたり愚痴ったりするんですよね!!

・・・すいません。つい感情的になってしまいました。

ありがたいことに、バイト先にはめちゃくちゃ本気で真面目な店長がいて、スタッフもみんな本当に真面目で優しい人ばかりで。本当にありがたいなと思っていますし、日々自分の未熟さを恥じながらも働かせていただいてます。

ですが、どうしても時折苛立ってしまうことはあるので、そういう時は菩薩行。

おかしいことはおかしいとちゃんと面と向かって言ったり(これが勇気いるんだな~)、畏れ多いながらも教育したり、時にはごめんなさいと謝ったりしながら過ごしています。

なので結構感情を使ってるんですよ~心と心のぶつかり合いなんてドラマの中の世界だけやろ~とか思ってたんですが、案外バイト先で出来ていて嬉しい日々です。

成長させていただいています。

なんかふと思ったのですが、小学生の頃とかってよく友達と喧嘩したりしてました。

感情的になったり、泣いたり怒ったり感謝したり好きになったり・・笑

毎日が鮮やかで彩り豊かだったな~って。

でも今の若い人って、リモートとかIpad授業とかスマホの普及とかAIとかで、目の前の人と面と向かってぶつかり合うとか、そういう泥臭い人間関係築いたことないんじゃないですかね?子供の頃からそれじゃあ、マジで日本のお先真っ黒ですね!!あまり言いたくないですが!

・・・本当に、なんというか

ご先祖様にも申し訳ないし、未来の子供達をなんとかして救いたい。そんな思いが原動力になり、今目の前にいる人と全力で向き合わせていただいてます。

今目の前にいる人と向き合うことが、全てであると信じているからです。

世界を平和にするとか

戦争がなくなればいいのにとか

この先の日本のためにとか

農業の問題も社会保障の問題も経済の仕組みもテクノロジーも

教育体制も人類の意識も鬱病も自殺率も日本語の危機も安全保障も天変地異も何もかも・・

考えれば考えるほど絶望的に感じざるを得ないような世の中ではありますが。

結局のところ

目の前の人に・役割にいかに光を見るか。

希望を感じるか。

愛を持って接するか。

しかないし、それ以外は無駄・・といったら失礼ですが、

考える必要がないという風に捉えています。

ゆにわというコミュニティは心底信用できますし、そこには数え切れないほどの恩がありますから、全身全霊一生涯かけてこのご恩は返していくとして・・

そんな志ある人たちと一緒に、お互い支え合い応援しながらも

今ある場所で、ある役割で、目の前にある人と全力で向き合っていきたいと思います。

マ○ドナルドで働いて3年くらい経ちますが・・

明らかに、働く人が変化してきて

真面目で優しい人が増えてきています。

イメージとしては、

「仕事ができて数字を出す人が評価される会社」→「真面目にルールを守る健気な人が評価される会社」

に変わっています。

かつていた、誤魔化しながら数字を出したり偉そうな人はどんどん退職していってるんです。

明らかに世代交代が起きています。

これは僕自身の意識の変化、成長もあると思いますが、何より世の中全体の意識進化の影響があると思います。

一つのお店でここまで変化しているのを目の当たりにすると、

地域、国も変わるんじゃないか?と本当に思えてやまないんです。

神様は、本当に助けてくれるんだなと常々思います。

最後に、これから僕が大事にしていきたいことをお話しして終わります。

それは・・「誠実さ」です。

座右の銘として、真面目であり等身大であり親切であることをモットーにしているのですが、それを一言でいうと、これだと思います。誠実さ。

誠実であれば、どんなに仕事ができなくても不器用でもいいというか。そういう感覚で、この誠実さを守りたい。

あいさつを、ちゃんとする。

してもらったことに、ありがとう。

言い方に、気をつける。

笑顔で、にこやかに過ごす。(これは誠実さか?笑)

申し訳ないと思ったら、ちゃんと謝る。(思わなくても、謝る笑)

掃除をする。

片付けをする。

そして・・

裏切らない。

約束を守る。

・・・あああこの辺りがホンマにできない!!!

小心者が故に、約束を守れなかったり逃げたり人に迷惑掛けてもしらばっくれたりするところがあります。この辺りは本当に直したい。てかなおす!!

もうすぐ27歳になるのですが、27歳ではとにかく人としての基本中の基本。誠実さをモットーにやっていきたいと思っています。

当たり前のことを当たり前にできる男に。

では、ここまでお読みいただきありがとうございます。

本当に思っていることを書くのって、良いですね。