こんにちは。ゆうです。

今回皆さんには、この文章を読んでいただくことでhave to (~しなければならない をwant to(~したい)にするための方向性を身につけていただきます。

誰しも日常や人生の中にhave to があると思うのですが、これらは自分の解釈次第でいくらでもwant to に変換することができます。

解釈を変えていく、というテクニックを身につけると、人生に悩みや不安や迷いがなくなって〝今すべきこと〟にエネルギーを注ぐことができるようになります。また、そのすべきことがwant toになるので、無理して頑張ろうとしなくても自然とそれができるようになるのです。

全て、解釈(捉え方)次第でそれが可能です。解釈というのは大きく分けて2つあります。

1)ポジティブな解釈(外向き)

2)ネガティブな解釈(内向き)

あらゆる個人間、社会的問題全てに通じることですが、それは「ネガティブな解釈をしている」ことが原因で起こっています。このネガティブな解釈をポジティブに変換すれば、全て解決するということです。

というのも、私達の生きるこの世界は

〝意識〟

が創り出しているからです。

意識というのは、あなたが心の中で考えること、想像する映像、発する言葉のことです。この文章を読んでいる間にも、何かしら考えが頭に浮かんでいるはずです。

「この人は一体何が言いたいんだろう・・」

「意識?そりゃそうだけど、何が言いたいの?」

とか。笑

あまりにも皆さんの中に当たり前に〝ある〟ので、いちいちそれを認識しようとか思わないのですが、実はその意識をどう形作っていくか?が、あなたの人生を決めます。

意識が、「現象、結果、目に見える世界」を創り出しているのです。

もしあなたがこの文章に対して「たいしたことない文章」という解釈をしたら、そういう文章になります。対して「悩みを解決してくれる手掛かりになる文章」と解釈したら、そういう文章になるわけです。なので、是非良い解釈をしていただきたいですが・・。

極端な話。

もしあなたが「仕事に行きたくない・・」と感じているとします。

その行きたくないという思いは、これからお伝えする〝解釈の変換〟をしていただければ、すぐに「行きたい!」にすることができます。「でも~と会いたくないしな・・」という言葉が出てくるとしたら、それも解釈の変換をすれば「~と会いたい!」にすることができます。

解釈力を身につけて意識をコントロールできるようになると、この変換作業が一瞬(0.000….1秒/速)で出来るようになるので、もはや迷ったり悩んだりすることを忘れるくらいやるべきことに熱中できるようになるでしょう。

とはいえ、もちろんそんな簡単な話ではありません。

仏教の修行者が山に行って悟りをひらくのも、結局はこの解釈の変換をしています。あらゆる悩みや迷いは全て幻想であり、悩んだり迷ったりする必要はないんだ、と気づくこと。これが悟りです。でも悟るためには、やっぱり山に行ったりお経を唱えたり精進料理で生活したりしないといけないわけです。笑 現代社会で普通に生きる私達にとっては、ちょっと難しいですよね。

もちろん、ゆうのお伝えするエッセンスは、普通に日常生活を生きて仕事をしていく中で実践できるものです。特に難しいことをする必要もありませんのでご安心ください。

ただ、今直ぐに問題や悩みが解決されるものでもありません。

日々自分の脳内に良い言葉を言い聞かせたり、勉強していく必要があります。

まずはあなたの直近の課題に対する向き合い方を変え、前向きに人生を歩むことができるようになることを目指していきましょう。