こんにちは、ゆうです。

始まりました。次世代リーダー養成講座。

この講座では、コミュニティを作り、リーダーになるための方法を全5回に渡ってお伝えしていきます。

最初に言いますが、

ネットビジネスをするなら、

コミュニティビジネスの考え方は、

超超超超必須です。

今では様々なネットを使った副業が流行り、

数ある選択肢の中から、興味のある分野で収益を出そうとしている人が多いと思います。

ですが、ネットビジネスで安定的な収益を出し、やりたいことで生きていくためには、

それがたとえどんな分野だとしても

”コミュニティを作り、リーダーとして活動する力”

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

が、必要になってきます。

ビジネスをやる目的は、もちろん人それぞれかとは思いますが、

結局のところ、”新たな人との出会い”を求めることに繋がってくる、というのがあります。

お客様も人ですし

取引先も人です。

教えてくれるメンターも、

自分のビジネスを邪魔してくるクレーマーも

みんな、結局のところ人です。

そうやって新たな人に出会い、ご縁を結び、

あなたの理想を叶えるのが、ビジネスをするということです。

結局、人が一人で出来る作業、成果って限られてくるので、

理想を叶えたかったら、どちらにせよ他力を使わざるを得ない状況になってきます。

そういった意味でも、あなた自身の理念を打ち出した

共同体(コミュニティ)を作り上げることで、理想達成に近づきやすくなる…ということです。

・・・とは言ったものの

この講座を見ていただいてる方の中には

「リーダーになるつもりなんかないんだけど・・」

「そもそもコミュニティとか苦手だし・・」

という方もいると思うので、

第一回は、「どうしてコミュニティを作って、リーダーになる術を学ぶべきなのか」を解説していきます。

まずは、僕がどうしてコミュニティビジネスを提唱するのか、理解していただければなと思います_φ( ̄ー ̄ )

◼️これからのビジネスは、コミュニティビジネスになる

一言でコミュニティビジネスといっても、

別にオンラインサロンをやろう!とか、コミュニティに名前を付けて集まろう!とか、

そういうことを言ってるんじゃありません。

別にLINEのグループがなくても、目に見える交流の場がなくても

コミュニティという概念は生み出すことができます。

たとえば、”国”は一つのコミュニティです。

アメリカやイギリスにはその国の価値観があり、

その国を治める者がいて、コミュニティとして成り立っています。

日本も一つのコミュニティとして、

日本人的文化、思想を元に、より良い発展日々目指しています。

そして、アメリカと日本は、

『世界』という枠組みで見たら、一つのコミュニティメンバーとして成立します。

逆に『国単位』で見たら、別のコミュニティメンバーになってきますよね。

もちろん生まれた土地によって、

どのコミュニティに属するか?は決まってきますが、

それだけでは、コミュニティは分岐されません。

国境という概念によって、

我々の所属するコミュニティは分断され、

それぞれの場所で過ごすわけですが、

その、国境を生み出している根本は何か?というと、

”価値観、思想”なんですよね。

日本人には日本人的な生き方や価値観があるし

アメリカにはアメリカ人的考えがあります。

お互いの考えが両立して、共存できる世の中なら良いんですが、

残念ながら、それぞれの重視する価値観は異なってくるので、

”世界”という単位で、皆共存するために、国境という線引きが必要になってくるのです。

(アメリカ人はキリスト教的なのに対し、日本は八百万の神的価値観が強いので、

全く正反対の価値観を持ち合わせているということになります。)

他には、学校のクラス、家族、部活やサークル仲間なんかも

一つのコミュニティメンバーと言えるでしょう。

つまり、みんな無意識のうちに

いろんなコミュニティに所属して日々過ごしているのです。( ・∇・)

◼️今までは、個人の時代だった

今までのネットビジネスは、個人の力だけでもある程度成果を上げることができました。

力のあるものが商品を作り、発信し続けていれば、

その”力”に惹かれて、たとえ高額だろうと購入し、さらに力を追い求めるようになる・・

という構図が出来上がっていたのです。

かつての情報商材はまさにそれで、

いかにテクニックを活用してお客さんの購買意欲を湧かせるか?を追求したり

高級な時計やブランド品で身を固めて、

「憧れ」を抱かせることによって次々と高額な商品を買わせるのが流行ってました。

情報を受け取る側も、ネットリテラシーがそこまで優れていたわけではないので、

『誰でも今すぐ簡単に稼げます!』みたいないかにも胡散臭いセールスレターでも、

いとも簡単に、お客さんが寄ってきたのです。

ですがいざ商品を購入して中身を見てみたら、

PDF2〜3枚で、ネットで拾ってきたような価値のない情報がサクッと書いてるだけ・・・みたいな、

いわゆる、情弱ビジネスというのがネットビジネス界に満映していたのです。

そんな状況の中、個人で成果を上げるのは簡単でした。

ですが、今は時代が違います。

多くの人がネットに参入し、SNSで商品を買う機会も増え、

表に出ている情報に対する疑い深さが強くなったり、

本当に優れたコンテンツが無料で手に入るようになってきて、

いかにも胡散臭い、高額な商品に

みんな、興味を示さなくなってきたのです。

また、ただ単に

「お金を稼いで自由な生活を手に入れましょう!」

みたいな言葉では、なんか響かなくなってきています。

別に、お金を稼ぐことってそんな大事かな?

お金とか一旦置いておいて、もっと自分の好きなことで生きていく道を目指した方が、

最終的に、幸せになれるんじゃないのかな・・?

といった価値観が強まってきました。

そんな状況の中、ネットビジネス界において

一体何に価値がシフトしていってるかというと、

理念とか理想とかを語り、それを共有する仲間の関係性だと、僕は思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お金とかハイブランドとか名誉とか、

目に見えるモノに対して存在意義を見出すのではなく、

考え方や価値観、理念、理想といった

目に見えないモノをお互いで共有し、現実世界を切り開いていく仲間の存在が重要になってくるんじゃないか?ということです。

たとえば、ビジネスをしていると、

”差別化”という言葉にぶち当たります。

その業界のマーケットをリサーチした時に、

競合と自社を比較して、いかに商品内容をズレさせるか?といった考え方です。

そのために、『少しでも安く提供しよう!』と価格競争に陥ったり

『誰も思いつかないようなアイデアを生み出そう!』と意外性を追求したり

他社との差を自ら作り出していくことで、競争に勝つという戦略です。

ですが、正直これからのビジネスは、

差別化をそもそも考える必要がなくなってきてるんじゃないか?と思います。

(100%いらない!とは言いません。ですが重要度が下がってきている、という意味です)

差別化を考えずとも、

『自分は(我々は)この為にビジネスをしている!』

という、理念、志があれば、それが自然と差別化の要因になるからです。

そもそも、競争を生み出さず、

コミュニティ全体の理念という独占市場の中で一人勝ちしていけば良いだけなんです。

だって、そのコミュニティの理念は、そのコミュニティからしか生み出せないものだし

それぞれ唯一無二のストーリーが元となって、理念が形成されていくからです。

競合とか、競争とか、差別化とか考えずとも、

理念を基にしたビジネスをしていけば、自然と一人勝ちできるのです。

◼️個人で理想世界に行くより、コミュニティメンバーとともに行く方が効率良い

人は、それぞれ価値観が違いますし、理想とする世界が異なります。

だからこそ、共通の理念を持ってる人がいたら、その人と一緒にビジネスをすることで、

掛け替えのないビジネスパートナーとなり、スキルが掛け合わさればその分類い稀ない力を発揮するができるでしょう。

個人で理想世界へ行くより、

コミュニティメンバーと共に目指していった方が、

圧倒的スピードで理想を実現することができます。

そもそも人には、得意不得意がありますし、

それらを補いながら未来を切り開いていけるのも、コミュニティ作りの良いところです。

また、インターネットの普及によって、

自分の意思や思いを発信しやすくなり(個人でメディアを持てるようになり)

同じ思いを持つ人と繋がりやすくなっていきました。

そういった意味でも、

個人の力だけに偏るのではなく、コミュニティメンバーと共に理想を追い求めるビジネスのあり方は、

今後さらに主流となってくるんじゃないか?と思います。

◼️コミュニティを作る側になる

・・・というわけで、今日は

コミュニティビジネスとはどういうものなのか?や、

コミュニティを作ることがどうして大事なのかをお話ししました。

皆さんには、この講座を通じて、是非とも

コミュニティを作る側

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

になっていただきたいな、と思っております。

もののふ執筆道場も一つのコミュニティですが、

あなたはこれ以外にも、様々なコミュニティに参加してるかもしれません。

もちろん、参加者として活動を精力的に取り組むのも大事ですし、

その過程で自分自身を成長させることができるでしょう。

しかし、この講座を受けてくれてる皆さんには、

参加するだけでなく、参加させる側の視点も養ってもらいたいのです。

一家に一台!という感じで、

もしあなたがビジネスをするなら、一つはコミュニティを作っておくべきかと思います。

そして、そのコミュニティの中でビジネスをして行ったり、

様々な循環を起こしていくことで、どんどん拡大していく視点を持ってみてください。

そうすると、気づいた時には

自分の理想の世界を実現するだけの

人脈、お金、可能性が手に入ってることでしょう。

◼️コミュニティのリーダーになる

コミュニティを作るということは、

つまり、コミュニティのリーダーになる、ということです。

「リーダーなんか、私には無理だよ!」

と思うかもしれませんが、

別に、リーダーだからといって、

頭が良かったり、話が上手かったり、力を持っていたりする必要はありません。

三国志に出てくる劉備玄徳は、目立った力を持っているわけではなく

『人徳』という強みだけで、蜀の国を治めるリーダーとなりました。

リーダーのあり方なんか、人それぞれで良いのです。

きっと、あなたの強み、生き方に共感するコミュニティメンバーが

この世界のどこかしらに存在します。

そしてそのまだ見ぬメンバーと、

スマホ一つで繋がれる時代だからこそ、

コミュニティのリーダーを目指して欲しいのです。

◼️リーダーになる条件とは?

次回は、コミュニティのリーダーになる条件とは何か?

についてお話ししたいと思います。

今回のメールを踏まえて、何か気づいたことや感想もあれば、

お気軽に返信して送ってくださいね。

また、毎回のメールで

『今日のアウトプット』というコーナーを用意します。

〜今日のアウトプット〜

Q.あなたがもしコミュニティのリーダーとなるなら、どんな人に集まって欲しいですか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

簡単で良いので、このメールに返信する形で、

アウトプットを送ってみてください!

学んだことを飲み込んで、整理して、発信することで

自分自身の血肉になりやすいですし、圧倒的成長に繋がります。

学びを放置するのではなく、使うことを意識しながら、

次世代リーダー養成講座を受けていただけると、嬉しいです_φ( ̄ー ̄ )

では、今日はこの辺で。

返信待ってますね!

ありがとうございました!