こんにちは。ゆうです。

いよいよ、次世代リーダー養成講座も最終回となりました。

前回人生における4つのステージについてのお話をしましたが、

覚えているでしょうか?

1-stage:生活のために生きる

2-stage:欲を満たすために生きる

3-stage:誰かのために生きる

4-stage:生きてるだけで、誰かのためになっている

それぞれのステージを乗り越えるためには、

ビッグウェーブに乗る必要があって、

そのためには、

やろうと思ったことを後回しにせず、

即行動するマインドを持つべき

といった内容でした。

この講座は有難いことにいろんな方に受けていただいてますが、

第五回では、『1-stage:生活のために生きる』のステージを乗り越えるために必要な、

具体的なノウハウについてお伝えしていきたいと思います。

実際、このステージは難易度でいうと、一番低いです。

ですが、同時に

多くの人が、乗り越えることができないでいるステージでもあります。

どういうことかというと、

もうまるで、今までと別世界の自分になったつもりで生きていかないといけないのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

つまり、考え方、パラダイム(見方)自体を、根本から変えていかないといけないのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

イメージとしては、

1-stage:生活のために生きる

ーーーーー別世界への階段ーーーーーーー

2-stage:欲を満たすために生きる

3-stage:誰かのために生きる

4-stage:生きてるだけで、誰かのためになっている

こんな感じで、1-stageから2stageに行くためには、

今までの常識、価値観を根本から覆して、新しい自分にならないといけない…って感じです。

多くの日本人は、

『この世界には1-stageしかない』『1-stageであることが当たり前』

という常識で、生きています。

(もちろん、意識すればもっとすごい人がいる〜ってことはわかるけど

そういう人は別世界の人だから、私には関係ない、と無意識で思ってます。)

「働くのは、辛いこと」

「定時でサッと帰って、自分のやりたいことするのが幸せ」

「生活のために、仕方なく働くしかない」

「できるだけ給料の高い職場で、安定した職に就くことが大事」

こういう価値観が、多くの日本人(8〜9割)に根ざしています。

あなたの職場、友人の中にも、そういった価値観で生きている人、

結構、いるのではないでしょうか?

これは、いろんな要因があるんですが、

大きくは、この3つが影響しています。

1)メディアの洗脳

2)学校教育

3)親の教育

ここで一つ一つ解説すると、あまりにも長くなってしまうので割愛しますが、

(これらのワードを聞いてピンときた人も、いると思います。)

それぞれが、

『生活するためには、働かなきゃいけない』

『社会に出たら、お金を稼がなきゃいけないんやで』

といった感じで、まるで「社会人になったら、ご飯を食べるために仕方なく働かなきゃいけない」みたいな価値観が刷り込まれます。

僕の就活時代、面接で

「学生時代のうちに、やっておいた方が良いことってありますか?」

と、人事の方によく質問してたんですが、圧倒的多くの人が、

「学生時代のうちに、たくさん遊んでおきなさい。

社会人になったら、まとまって遊ぶ時間ないから。」

と言われて、社会人って大変なんだな…と思った記憶がありますが、

これも同じように、価値観の刷り込みがされてますよね。

今は情報が民主化して、インターネットを通じて2-stage以降の人のライフスタイルを簡単に見れる時代になったので、段々気づいてきてる人もいるんですが、

本来、日本人にとって働くことは、嫌なことじゃないんです。

もちろん苦しかったり辛いこともありますが、あくまで能動的なものなんです。

(出社して即効、「はやくおわんないかな〜ってなるものではない、ということですね。)

古事記や日本書記を読むとわかるんですが、

日本人って、みんな働き好きなんですよ。

どの神話をみても、日本の神様はみんなそれぞれの役割を担って、

日本をもっと良くしていこう!という思いで、毎日必死に働いています。

(もちろん、怠け者な神様もいますが…w)

まぁ、古くからある、本来の日本人的価値観でいうと、

「働くことは良いこと」として捉えられているということです。

逆に、西欧的価値観でいうと、

『働くことは罰』として捉えられています。聖書にそう書いてるからです。

つまり、何かしらの原因があって、

我々日本人に西欧的価値観が刷り込まれていった。

そしてその価値観のもと、メディアや学校や親が子供たちに教育するから

今の世代(平成、令和世代)の若者も、「働くのは悪いこと」として捉えるようになってしまった、、ということです。

(ここには、戦後の日本の学校教育を形作ったGHQの策謀が絡んでるんですが、

長くなるんで、またの機会に詳しく解説します)

まぁもちろん、1-stageのままずっと過ごすことが、悪いことだとは思いません。

本人がそういう風に生きたいと思ってるなら、それでも良いと思います。

ですが、あくまで次世代リーダー育成講座としては、

あなたには、もっと上のステージに行って、今まで見たことない景色を見て、

多くの人の人生を好転させることのできるような存在になっていただきたいな、と思ってます。

そのために、まずは1-stage。

生活のために稼ぐフェーズを乗り越えるために鍵となる

『お金』

について、今回はお話ししたいと思います(`・ω・´)

<お金持ちになるための4つの力>

お金を貯める力

お金を稼ぐ力

お金を使う力

お金を守る力

で、まず最初にやるべきことは、

お金を使う力を身につけること

皆さんは、お金持ちになりたいですか?笑

なりたいですよね。僕もなりたいです。

ではお金持ちになるためには、どうすれば良いでしょうか?

宝くじを買うことでしょうか。

パチンコやギャンブルをすることでしょうか。

いえ、違います。

(これをすると、むしろお金持ちから遠ざかります)

この4つの力を身につけることによって、

人は、お金持ちになることができます。

1)お金を稼ぐ力

2)お金を貯める力

3)お金を使う力

4)お金を守る力

まぁ、稼いで、貯めて、使って、守れれば最強な感じしますよね。

ちなみにこれからビジネスを始める多くの人は、

1)お金を稼ぐ力

を必死に身に付けようとします。(僕も最初そうでした)

お金を稼ぎたいからビジネス始めるんですもんね。

そりゃ、追い求めるのも無理ありません。

ですが、これが、違うんですよ。

お金を稼ぐために、最初にすべきなのは、

3)お金を使う力

を身につけることです。(キリッ

僕は学生時代からJAZZダンスをやっていて、

ヨガのレッスンとかもたまに受けるんですが、

ヨガの正しい呼吸法って、

たくさん吐く→吐いた分を吸う

なんですよね。

お金もおんなじです。

正しくは、最初に、吐き出すんですよ。

吐き出したから、そこに循環が生まれて、回りに回って、帰ってくる…という感じです。

多くの人は、最初特にケチケチして、吐き出そうとしません。

(お金持ちになってから使うようにしよう!と考えます)

だから、そこに循環が生まれなくて、”今目の前にある空気”の中から、チビチビと吸い取って、命を紡ぎます。

そして、吐くことを続けてるうちに段々コツがわかってきて、

身体の調子を整えつつ、パフォーマンスをUPさせる呼吸法を手にします。

(当然、肺活量も段々大きくなっていきます。)

お金を”正しく”使い続けることによって、

段々使い方がわかってきて、循環を起こせるようになってきて、

最終的に、莫大なお金が舞い込んでくるようになる、ということです。

…ここまで、お金持ちになるにはお金の使い方が大事だよ!ってお話をしましたが、

これって、捉え方によっては、非常に危険な考え方でもあります。

というのも、

最低限のお金の使い方(基礎)を身につけた状態で使わないと、

大怪我したり、とんでもない方向性に行っちゃう恐れがあるからです。

これからお話しするのは、お金に関する準備体操のようなものです。

プール入る前に準備体操しますよね。あれと同じです。

ここを怠ると、思わぬ怪我に繋がりかねないので、

しっかりインストールしてくださいね!

<お金の使い方が重要>

そもそも、お金とは何でしょうか?

いろんな定義がありますが、次世代リーダー養成講座では

『お金=交換券』

と、定義します。

もってるだけだったら、別に価値はありません。

交換することで初めて価値が生まれるのです。

(交換券なので!)

クオカードとか、どっかの百貨店の商品券と違って、

世界中の、あらゆる商品と交換できる券なので、万能さはめちゃくちゃ優れています(`・ω・´)

もうほんとに、あらゆるものが買えちゃうので

多くの人は、『今の自分にとって必要なもの』に対していかにお金を使えないかな〜?と思いながら過ごしてます。

なんか甘いもの食べたいな、と思ったらコンビニ行ってお菓子かうし

タバコ吸いたいな、と思ったらコンビニ行ってタバコ買います。

時には、

「海外に行きたい!」と思いついて、旅行にお金を使ったり

「アーティストのライブ行きたい!」と思い立って、ライブに行きます。

こんな感じで、人は、

『目の前にある、目に見える、モノやサービス』

に対して価値を感じ、それに惹かれ、商品を購入するように

脳みそが作られています。

たとえそれが、長期的に見たとき自分の為にならないとわかっていても、です。

(人間は、目先の欲求にとらわれると、

チンパンジー並みの知性になると言われています)

お金持ちと、お金を稼いでいない人は、

この交換券の使い方が、全然違うのです。

その秘密を、これからお伝えします。

<単利と複利>

お金の使い方には、大きく2つあります。

1)単利的運用

2)複利的運用

単利というのは、二次関数的に書くと、

*画像

こんな感じです。

使ったら、使った分だけ、その瞬間の幸福を得ることができます。

例えば、100万円の腕時計を買ったとしたら、

そのタイミングで100万円分の価値を受け取った!と感じます。

つけてる間は、しばらく優越感に浸ったり、「最高だ!」と感じるでしょう。

ですが、その幸福感は段々落ち込みます。

飽きるからです。

また、YouTubeの企画でよくある

『美女と豪遊パーティしてきたぜ!イエイ!」

みたいなのも、単利的ですよね。

あれだけお金を使ったら、そりゃあその瞬間の幸福は得られるかもしれませんが、

次の日には、二日酔いになって、「あ〜無駄使いしたな…」って後悔します。

他には、

・明らかに身体に悪そうなものをガブガブ食べる

・とにかくストレス発散のためにカラオケやフェスに行く

・ムシャクシャするから、無駄遣いをしまくる

…というのも、単利的です。

別に単利的なお金の使い方が100%悪いとは言いません。

もちろん、人生の中にはそういった『幸せ』に対する投資も必要だからです。

では、もう一つの使い方、

複利的運用とはどういったものなのでしょうか?

簡単にいうと、自己成長のための投資です。

自己投資とも言い換えられますね。

自己投資に関しては、人それぞれの方向性によって変わってくるので一概に「これ!」て言えないんですが、

1-stage 生活のために働くフェーズを乗り越えるために僕がやってたことでいうと、

・本を買って勉強する

・いろんな教材を買って学ぶ

・ステージ高い人からビジネスを教わる

・ステージ高い人に会って自分の感覚をあげる

・PCやノートなど自分のビジネスに必要な備品を買う

なんかが挙げられます。

こればっかりは、人それぞれの方向性があると思うので

あなたなりの『自己投資』を考えてみてくださいね。

<自己成長するためには?>

自己成長するためには自己投資(複利的運用)が必要なのですが、

これをもう少し詳しく解説すると、

『自己成長=学び×行動』

という式によって説明することができます。

つまり、学びと行動の量と質が、そのまま自己成長につながるというわけです。

どれだけ質の良い情報をたくさん仕入れて、それを正しい方法で行動に移していくか…ってことですね。

たまに「ビジネス初心者何ですが、まず何をしたらいいですか?」ってよく聞かれるんですが、

それには、「誰かステージの高い、良い人見つけて、コンサル受けるのが良いですよ」って答えてます。

コンサル受けると、普段表で言えないようなディープな内容(質の高い情報)に触れられるし

成功するための正しいやり方も、そのまま直接教えてもらえます。

もちろんそこにフルコミットすれば、学びと行動の量だって一気に引き上がりますからね。

自己成長スピードが、まさに最短最速です_φ( ̄ー ̄ )

(ちなみに僕も独立当初コンサル受けましたが、

あの経験がなかったら、もののふくんは活動できてません。)

要するに、どれだけ質の高い情報に触れて、

たくさん学んで、行動することができるかが、成功の秘訣だということです。

もっというと、

”早く、多く、小さく失敗しまくること”

が、成功の秘訣です。

(失敗数=成長度だと思ってください)

そのためには、

質の高い学びに自己投資して、自分の吐き出せる供給量を増やしていって

良い循環をもたらしていきながら、自己成長すること。

これが、あなたの理念理想を叶えるために

非常に重要なマインドセットとなっております。

そして、このマインセットこそが、

次世代リーダー養成講座でずっとお伝えしたかった、

コミュニティリーダーとしての在り方である

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ということです。

<自己投資に使うべき>

さて、次世代リーダー養成講座最後のアウトプットコーナーです。

これまでのアウトプットを取り組んでくれた方、

そうでない方も、ぜひ最後は取り組んでいただきたい内容となっています。

”今日or明日の移動時間内に、音声学習を取り入れる”

音声学習って、すごいんですよ。

何より、手を空けた状態で学べますし、

移動中とか、電車に乗ってる間とか、

そういう、隙間時間を無駄にすることなく、勉強できます。

僕は今いろんな経営者の方からビジネスを教わっってますが、

やはり成果を出してる人に共通してるのは、みんな、

音声学習をしている、ということです。

(僕がビジネス教わった人は、

20個くらいプロジェクト回って忙しい中、いかにインプットするかを考えたら、

音声学習以外ありえないでしょと、おっしゃてました。)

音声教材については、あなた自身がよく聴いてる音声教材でも良いですし、

ゆうもいくつか公開してるので、そちらを使ってもらっても結構です。

今日or明日の移動時間で、音声学習をしてみてください。

んで、7回以上聞くようにしてみてください。

(脳科学の研究で、7回以上聞くと人間の記憶や感覚に刷り込まれると言われています)

1回聴いたくらいじゃ、人は覚えません。(すぐ忘れます)

7回くらい聞くと、ようやく、記憶や感覚に刷り込まれる、というわけです。

今回はお金に対して自己投資の大事さをお伝えしましたが、

これは、時間や労力に対しても同じことが言えます。

いかに、複利的な時間の使い方ができるか?複利的な行動ができるか??

それによって、成功が左右されると思ってください。_φ( ̄ー ̄ )

では、次世代リーダー養成講座全五回、この辺で終わりたいと思います。

いかがでしたか?

感想や、学びになった点などあれば、お気軽にメールで返信くださいね!