◼️問題提起

今回皆さんにお伝えしたいのは、

あなたの夢を最短距離で効率的に実現する方法です。

「お金持ちになりたい」

「飛び切り素敵な彼女(彼氏)が欲しい」

「仕事で大成功したい」

「憧れの人のように、活躍したい」

…などなど。

多くの人は、こういった理想を描いた時に、

「その為に何が出来るだろう?」と考え、実現するための勉強、練習、実践を繰り返します。

例えば「お金持ちになりたい!」と思った時、

お金を稼ぐ方法を一生懸命勉強し、それらを実践しようとします。

もちろん、お金持ちになりたいなら稼ぐ力を付けるのは必須ですし

決して間違っているわけではありません。

ですが、ただ闇雲にノウハウを実践し力をつけていくだけだと

多くの人が陥ってしまう”落とし穴”にハマってしまう可能性があります。

結論からいうと、願望実現には大きく3つの要素が必要になってきます。

1)願望実現力

2)願望実現に必要な知識・スキル

3)エネルギー

「2)願望実現に必要な知識・スキル」はわかりやすいかと思います。「お金持ちになりたい」人にとっての「お金を稼ぐスキル」だったり「お金の仕組みに関する知識」です。

「3)エネルギー」 は原動力です。エネルギーがないと、そもそもモチベーションが働かず、行動することができないので願望実現どころじゃありません。

そして、今回のレポートで最もお伝えしたいのが

「1)願望実現力」

の部分です。

これは、文字通り「願望を実現する力」です。

願望実現力があれば、たとえあなたがどんな理想を描いたとしても、その理想を実現する力が身につきます。

もちろん、物理的に実現不可能な理想だと、叶えるのが難しいかもしれませんが、

今回お伝えする内容を愚直に実践すれば、大凡の理想は勝手に実現していくようになるでしょう。

願望実現を可能にするには「目に見えない世界」を信じ、

自在に操るポテンシャルが必要になってきます。

その為には、日々の実践が必要不可欠なので、今回お伝えする願望実現法を愚直に実践していき、

「どんな理想や夢でも実現できるような自分」を目指してみてください。

◼️信じた未来が実現する

人は、”信じている未来”を実現していきます。

「自分はお金が稼げる!」と本気で信じてたら稼げるようになるし

「この夢は必ず実現することができる!」と”信じてたら”夢は実現するんです。

信じてるだけ・・?

と感じるかもしれません。

ですが、この「信じる」ということが、

実はそう簡単に出来るわけではないのです。

例えばあなたが「月収100万円稼いでいる未来」を手に入れたかったとして

「私は月に100万稼いでいる!」

「今までの自分とは変わった!稼げるようになった!」

「私なら大丈夫だ!信じよう!」

・・・とひたすら思ったとして

「100%、確実に、月収100万稼げるの?」

と聞かれたら、「いや、100%かどうかは自信ないです・・・」ってなると思うんですね。

理想の未来に対して、実現している自信がない状態は、

まだ「理想を実現できる自分」になっていない状態だと思いましょう。

(逆に言うと、100%本気で信じれてたら、間違いなく実現します)

理想を実現できるかどうかは、

”「今現在の自分自身」が理想の未来に対してどれだけコミット(思い込み)できてるか”

にかかってると思ってください。

「いやいや、理想を実現するには自分自身の思い込みだけじゃ上手くいきませんよ!

例えば”お金を稼ぐ”ってなったら、自分”以外”の考え、思いによって実現するか左右されるじゃないですか!」

・・・と、感じるかもしれません。

仰る通り、あなたの理想が「世の中の情勢」「他人の考えや行動ありき」のものである場合、

自分一人でどんなに思い込んでも、結果は世の中や他人次第になってしまいます。

最初に言うと、他人や世の中を意図的に変えることはできません。

なので例えば、「A子ちゃんと付き合いたい!」と思っていて、

A子ちゃんと二人で一緒にいる姿を鮮明にイメージして

「俺は100%A子ちゃんと付き合う!」と宣言したとしても

A子ちゃんがあなたに関心なかったら、さらっと振られるでしょう。

この場合、どうして振られるかと言うと

「”あなたが”100%付き合う未来を信じれていないから」です。

どういうことかというと

A子ちゃんと一緒にいる未来を100%実現したかったら、

『A子ちゃんの心の中まで含めて、100%信じてあげる必要がある』ということです。

『僕は、100%A子ちゃんと付き合う事ができる』

という未来の中に、「A子ちゃん自身、僕と100 %付き合いたいと思っている」という未来が含まれているかどうか?という点が結果を左右します。

逆にいうと、100%の確信が生まれたら、その思いは実現します。

んで、元も子もない話なんですが、

100%の確信って、”頭では”持つ事ができません。

理屈には限界があります。どんなに頭が良くても、100%成功する方法なんて一生見つけられないでしょう。

じゃあどうすれば良いか?というと

「頭を使わない」

という事がポイントになります。

よく少年ジャンプの主人公とかで、最大の試練に陥った時に

「俺らなら大丈夫だ!」「絶対諦めねえ!」

とかいって、どう考えても負けそうな状況の中一発逆転するシーンありますよね。

あの時の主人公って、

「根拠がない」んですよ。

〜が〜で〜だから・・・っていう、理屈がないんです。

なんかよくわからないけど、絶対成功する気がする!っていう、謎の自信。

でも、こういうのって誰しもあるじゃないですか。

「この人とは、なんかご縁がある気がする」

「今この瞬間が、すごく重要なタイミングな気がする。よくわからないけど」

「無理だとは思うけど、まぁなんか上手くいきそうな気もする」

「よくわからないけど、なんか成功する気がしてきた」

「絶望的な状況だけど、最終的に上手くいく気がする」

みたいな。

生きてると、こういう不条理な状況って自ずと出てくると思うんですね。

でもこの領域って「不条理」なので、

目に見える現象で説明する事ができないんです。

つまり、3次元空間で説明する事ができないという事です。

4次元、5次元、6次元・・・

「あるかないか」はわかりませんが、あると仮定したら、こういう別次元の世界で起こってる事なわけです。

例えば、「神様がいるかどうかはわからないけど、なんかいる気がする」っていうのは、根拠ないですよね。

ですが、誰しも心の何処かで「神様いるとしたら・・」って思ってるわけです。(だから、何だかんだみんな初詣行ってお祈りするわけですね)

今回、そういった高次元な世界にある思いのことを

「御霊の思い」と表現します。

そして、御霊は我々の頭では理解できない領域まで知っていると仮定しましょう。

つまり、100%という概念が存在すると仮定する…ということです。

だって、わからないじゃないですか。

100%理想を実現する…って、3次元空間ではあり得ないことですけど

4次元とか、5次元だったらあり得るかもしれないですよね。

1次元空間なんて、線ですよ。

2次元空間なんて、平面ですよ。

次元は上昇すればするほど、どんどん広がっていくし

その分可能性も広がっていきます。

物理学の世界では、今の我々が知覚できることなんて

片手を広げて、爪でチョンと触れた程度でしかないと言われてます。

ほんの1部なんです。

なので、今回皆さんにお伝えしたい願望実現法は、

「なんかよくわからないけど、根拠もないけど、100%理想が実現してしまう…」

という思い込みによって

「100%理想の未来を信じてる状態」

を目指すというものです。

◼️理想の自分を演じる

・考え方/仕草/感じ方を演じる

・24時間演じれれると良い

願望実現は、「理想を100%叶えることができる」という、

頭では到底理解することのできない(一見不可能な)領域に、いかに踏み入れられるかが鍵を握っています。

その為には、根拠のない自信が必要です。

「根拠なんてなくても、なぜか私はこの未来を実現することができてしまう。よくわからんけど」

と、なぜか信じ切ってる人はある意味最強なんです。

どんなに否定されても、論じられても、「いや、私は理想が叶うと思ってるから」の一点張りで、自分の主張を曲げずに済みます。

そしてこの状態(ここでは真我と呼びます)こそが、

人生を思い通りに行かせ、究極の理想を実現する上での最重要事項なのです。

ここでは、真我に一気に近づく方法をお伝えします。

それは、「演じる」ということです。

僕は昔創作ダンスをしており、舞台に立って色んな役柄を演じました。

踊る曲の世界観に合わせて「少年」や「人形」や「アイドル」…など。その時々で求められる役柄について研究し、自分なりに表現の形を見つけ、舞台で演じ続けていました。

その際、僕の頭の中では

「こういう風に踊れるようになろう」

というぼんやりとした理想の姿をイメージし、その自分になり切って踊っていたのです。

別にみなさんには、俳優になって欲しいわけでもないしダンサーになって欲しいわけでもありません。ここでお伝えしたいのは、「理想の自分を演じる」という考え方を取り入れましょう、ということです。

実際に理想を叶えた自分を想像して、その自分=真我が

・何を考え

・どんな仕草、癖を持ち

・どう感じているのか

を、紙とかに書き出して、それをそっくりそのままやってみてください。

例えば「月に100万円稼ぎ続けている自分」を演じるとしたら、

・毎月事業拡大に20万使って、10万を教材費に使って、残りは娯楽に使って、それから・・

・落ち着いていて、いつもニコニコしていて・・

・今日一日本当に楽しかったなぁ・・また明日も楽しみだなぁ・・!

って感じでしょうか?

ここでちょっと注意したのが、「何をしているか」に偏らないことです。

理想の自分がしていることって、基本的に今の自分で出来ないことでしょう。(まぁ、意外と今すぐ出来る事が多かったりもしますが・・)

多分この講座を受けてくれてる多くの人が

「お金を手に入れたら」

「恋人ができたら」

「仕事が安定したら」

…といった感じで、「〜したらやる」という理想を描いているはずです。

(僕自身も、お金を稼いだらやりたいと思ってる事…ってめちゃくちゃあります。)

こういうのって、物理的に出来なかったりするので

一旦無視で大丈夫です。

それよりも、物理的に今すぐ出来る

・何を考え

・どんな仕草、癖を持ち

・どう感じているのか

に、コミットしましょう。

考えたり感じたりするのは、誰でも今すぐ簡単に出来るはずです。笑

目標達成や願望成就する為のアクションプランは

「自力だけで完結する事(コントロール出来る事)にフォーカスする」のがポイントです。

自分以外の誰かが介在するアクションプランだと

”誰か”の都合で成し遂げられなかったりしますよね。

例えば「今年中に月収100万円稼ぐ」という目標を立てたとして

そのためのアクションプランとして「毎日3人の見込み客と会話する」という計画を立てたとします。

でも「毎日3人とチャット」なんて自力だけで何とかなる計画じゃありませんよね。無視される可能性もありますし、そもそも3人の見込み客と巡り合えるか…って確証がありません。

(仮に、「毎日誰でも良いから3人に話しかける」とかだったらいけるかもしれませんが…)

なので、「月収100万円稼ぐ」という目標を立てるなら、

稼いでる自分が、

・何を考え

・どんな仕草、癖を持ち

・どう感じているのか

という、自力だけでもコントロール出来ることにフォーカスし、

その「稼いでる自分」が何を「するか」をアクションプランにしましょう。

100万円稼いでる…ってことは、

100万円分、人に貢献し、人の問題を解決し、人を幸せにしてるってことです。

(いや、実際は1000万円分くらい人の人生に貢献して、初めて100万円達成する…くらいに思ってください)

1000万円分人の人生に貢献してる自分が、

一体何を考え、限られた時間の中で誰に対して何をしているのか?

この発想が、夢を叶える人の思考法であり、行動です。

◼️言葉に気をつける

願望実現のポイントは、いかに理想を「完了させるか」です。

(正直な)心の中で”「この理想はもう既に完了している」という状態になれば、

「あたかも実現したかのように」振る舞うことが出来るようになります。

自分の中で”錯覚”を起こすのです。

先程、人は信じた未来を日々創造している…とお伝えしましたが、

錯覚でも良いのです。良い意味で自分を騙してあげましょう。

理想を実現する上で最も障壁になるのは、

「過去の自分が作り上げた思い込み」です。

今までの経験則や

テレビやスマホ

身近な人達との会話によって作られた

常識。

これがある以上、過去の延長線上でしか自分自身を定義することができず、

無意識のうちに自分自身に限界を作ってしまいます。

「どうせ自分なんて・・・」

「多分無理だろう・・・」

「あの人はできるけど自分じゃ無理だ・・・」

といった感じで、

「どうせ無理」という前提(ベース)があった上での

理想になってしまうのです。

この状態だと、「理想を実現した自分」を信じることができません。

なので、脳に錯覚を起こしましょう。

過去の延長線上を乗り越える為です。

錯覚を起こす為に最も有効的なのが

「言葉」であり「完了形」です。

「私はお金持ちになった」

「引っ越して広い家に住むことになった」

「ビジネスに成功して多くの人から尊敬された」

…など、あなた自身の理想を完了させることによって、

「本当に実現しているのかもしれない…」と思い込ませてあげてください。

言葉の力は強力です。

我々は無意識のうちに、言葉によって秩序を保っています。

(言葉がなかったら、辺り一面無秩序な空間でしょう)

もはや言葉によって世界を作っている…といっても良いでしょう。

どんなに凹んで辛くても

「楽しい!」「最高!」と発すれば、

なぜかわからないけど楽しくなるのです。

理想を実現させる上で、言葉の取り扱いは非常に重要なので、

普段から「理想を実現した自分」が発するであろう言葉を選ぶ習慣をつけるとベストです。

〜身口意一致の法則〜

「身」=やってること

「口」=言ってること

「意」=思ってること

これら3つを「理想の自分」で一致させれば、自分がやろうとしたことを成し遂げられます。

逆にいうと、身口意がバラバラだと失敗します。

多くの失敗パターンは、どれか1つ(or2つ)に偏るというものです。

理想や夢はめっちゃ描くけど全然行動してない…

行動だけ一丁前だけど全然考えてない…

って感じで、どれかに偏ってしまうとなりたい自分になれません。

自分が常日頃何を考え、どんな言葉を発し、何をする事に時間を費やしているのか…

自分の身口意にフォーカスして、少しずつでも「理想の自分」に書き換えていく。

こういったマメな調整によって、理想の自分になることができるのです。

ついつい人は「過去の延長線上」で物事を捉え、思考を形作っていくので、

「前例がない自分」「過去を超越した自分」になりきることができません。

(我々は無意識のうちに、過去のデータを元に”当たり前”を定義し、その常識に縛られて生きていると思ってください)

また厄介なことに、人は本能的に、未知の世界に行きたいと思ってないのです。現状を変えようとすると、妙な違和感を感じるからですね。

(心理学の用語で、ホメオスタシスと言います。)

何か新しいことを始めようと思っても、今までやったことがない(体験したことがない)と恐怖を感じますよね。「やった方が良い」と頭では分かってても、一歩踏み出すことができないって結構みなさんも経験あるんじゃないでしょうか。

ですが、言葉は自由です。

違和感は感じるでしょうが(むしろ感じた方が良い)

理想の自分が発してる言葉を、発し続けてください。

我々の住む世界、見えてる世界は

「意識→言葉→行動」

の順に作られています。

(見えない世界→見えてる世界という順に作られています)

見えてる世界を変えていく上でポイントなのは、

「言葉から変えていく」ということです。

中間地点にいる「言葉」を変えれば、

自然と「意識」も「行動」も変わっていきます。

(騙されたと思って続けてみてください)

繰り返しますが、

我々は言葉によって世界を形作ってるのです。

自分はかっこいい(かわいい)と発し続けたら、

気づいたらカッコよく(可愛く)なってるんです。

自分は素晴らしいと発し続けたら、

気づいたら素晴らしい成果を出しているのです。

自分は人を幸せにしていると発しつづたら

気づいたら人から感謝され、金を稼いでるのです。

そして、更に効力をUPさせたかったら

「完了形」で理想を発し続けてください。

自分はカッコよく(可愛く)なりました。

自分は素晴らしい成果を出しました。

自分は人から感謝され、月収100万円稼ぎました。

日々呟き続けることによって、

理想を現実化していきましょう。

『実践ポイント』

理想の自分が発してるであろう言葉を1つ考えて

実際に10回発してみよう!(是非完了形で…!)

EX)私は関わる人を幸せにしていました。私は関わる人を幸せにしていました。私は関わる人を幸せにしていました。私は関わる人を幸せにしていました・・・(以下略