こんにちは。ゆうです。

前回は、恋的ビジネスと愛的ビジネスについてお話ししました。

ざっくりとした内容ですし、明確な線引きがあるわけではないのでイメージしにくいかもしれませんが、なんとなく理解していただければ嬉しいです。(今はなんとなくで大丈夫です!)

基本的に、恋を追い求め過ぎるとその中毒性に脳がハッキングされます。

その結果目の前のことに集中できなくなってしまったり、

「刺激がないとやっていけない」という状態に陥ってしまいます。

んで気づいたらYouTubeやスマホゲームに熱中してしまい

ビジネスやろうと思ってた時間が、呆気なく失われていってしまうのです。

これを繰り返していくうちに、どんどん恋にハマっていき

しまいには「どうせ一度きりの人生なんだし、楽しもう!」とかいって

結果を追い求めることを放棄し、ビジネスも手放してしまう…。

ってパターンが非常に多いです。

前回も言いましたが、恋=悪ではありません。

(恋が悪だったら、街中悪だらけです。)

そもそも恋を一切することなく、順風満帆に歩んでいくなんて不可能です。

何事もそうですが、完璧なものなんて存在しないのです。

なので私達がやるべきことといえば

いかにして恋と向き合っていくかを考え、実行すること。これに尽きます。

というわけで今回は、

「お金を稼ぐ」というフィルターを通して、恋的概念をいかに使っていくか?について解説します。

前回「きっかけとして、恋的概念を使う」ことが大事と言いましたが、今回はその続きです。恋を使って実際にお金を稼ぐにはどうすれば良いのか?についてお話しするのでしっかり見ていってくださいね!

◼️好きなことして生きていくに潜む罠

「好きなことをして生きていく」

という言葉がYouTubeの広告などで流行りましたが、

実はこの言葉って、解釈を間違えるととんでもない遠回りをすることになります。

ていうか、好きなこととかやりたいことをして生きていこうと思わない方が良いです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いきなりブッコミましたね笑 すいません。

もちろんStory Writing Academyでは「やりたいことや好きなことをして生きていく方法」を教えていきます。それは案内メールで書いた通りです。

ですが、自分自身が仕事に対して

「好きなことをして生きていこう」「やりたいことをして生きていこう」

といった具合で向き合ってしまうと、必ずどこかで不幸が訪れます。

令和のこの時代において、

好きなことだけ、やりたいことだけで生きていくことは実質不可能だからです。

例えばネットビジネスで月100万稼げるようになり、経済的にも時間的にも自由を手に入れたとします。

それで「もっと売上あげよう!」と前向きに進んでいけば良いのですが

多くの人は「ある程度貯金してもうセミリタイアしよう」と言い出すんですね。

そうするとどうなるかというと、暇になるんですよ。

暇になってやること無くなって

「自分は何のために生まれてきたんだろう」

って状態になります。

(それか、稼ぎたてのタイミングで調子乗って散財しまくって段々稼げなくなって破産します)

暇になると人は「行動する目的」を探し求め始めます。

そして行動する目的に目覚めた人は、その目的を果たすために「もっと成長しよう!」と思い始めます。

んで成長するためには「やりたくないこと」や「嫌いなこと」と向き合わなくてはならないので、実質「好きなことだけで生きていく」ことは出来ないのです。

じゃあどうすれば良いのか?というと

嫌いなことややりたくないことに対して、ポジティブなラベルを貼れるようになれば良いのです。

(ラベルというのは、解釈のことだと思ってください)

つまり、考え方自体を変えていくのです。

嫌いなことや、やりたくないことを楽しんで行うことができる自分になる

自分のやること成すこと、全部を好きになる(実際100%好きになるなんて不可能なんですが)

これが資本主義経済において「好きなことをして生きていく」唯一の道です。

◼️やりたいことをやる前に、まずはお金を稼ごう

さて、ここからは好きなことをして生きていくための具体的な戦略部分に入って行きます。

Story Writing Academyでは、

「まずはある程度お金を稼ぐこと」を目標とします。

(既にある程度稼いでいる人は、参考程度に聞いてください)

ここでは、自分の本当にやりたいことまで考えない方が良いです。

基本的には、「お金を稼ぐ=他の人がやりたくないことをやる」ということだからですね。

自分のやりたいことを挟んでしまうと、いつまでもお金を稼ぐことができなくて全然可能性が広がらない…っていう事態に陥りがちです。

ある程度お金を稼ぐ(具体的な金額はそれぞれで決めてください)ために、まずは「お金の正体」と「資本主義経済の仕組み」について学んでいただきます。

▶︎資本主義経済

簡単に資本主義経済について解説しておきます。

まぁお分かりの通り、日本は資本主義経済です。

資本主義とは文字通り、「お金」を基本にした社会のことです。

普段当たり前に行なっていることなので実感がないかもしれませんが

我々は生きていく上で、たくさんの人に支えられながら生きています。

ご飯を食べるにも、家に住むのも、安全な街に暮らせるのも

全部、自分以外の誰かが仕事をすることによって成り立っているのです。

そして我々の持つ需要(欲求)と供給(仕事)のバランスがそこそこよくなっている状態が、景気の良い状態というわけです。

(100%バランスの良い状態は生まれません)

んで資本主義社会は

『政治も経済も全て「お金」を中心に考えることによってバランスをとっていきましょうね。』

というルールのもと、成り立っています。

つまりお金があれば政治に参加することができるし、経済に参加することもできます。

▶︎お金の正体

「お金って何?」

って質問に答えられる人は、非常に少ないです。

小中高の授業ではお金についてまともに教えてもらえませんし、当たり前に扱っているが故、正体について考える機会がないからです。

人によって解釈もそれぞれありますが、Story Writing Academyでは

「お金=交換券」

ということで話を進めて行きます。

お金を支払うことによって、何らかのモノやサービスを受けることができます。

我々はお金を渡すことによってその対価(価値)を得ているのです。(交換している)

そして、我々はどこに価値を見出すか?というと

「理想世界に移動した時」に価値を見出します。

私達人間って、誰しも何かしら悩んでるんですよ。

悩みが一切ない人なんて、ほぼいないでしょう。

普通に生きてたら気づきにくいですが、

もし明日食糧危機が起こったら「お腹空いた…」って悩みでしょうし

好きなYouTuberが商品を紹介してたら「欲しい!…でもお金ないな」って悩みます。

こういった悩みを抱えた人達を、理想世界に連れていくことによってそこに価値が生まれます。

んでその価値に対しての感謝の印として、お金を稼ぐことができるのです。

つまり、お金を稼ぐためには誰かの悩みを解決して理想世界に連れて行ってあげないといけないのです。

そして理想世界に連れていくには、寄り添ってあげることが必要になります。

例えばあなたがスマートフォンを購入したとします。

その際に説明書もなく保証もなく商品だけ渡して「ハイ頑張ってねー」なのか、しっかり口頭で使い方を説明して3年間の製品保証をつけてくれるかだったら

後者の方が、より快適にスマホを使えそうですよね。

商品を作る側は、お客様を出来る限り理想世界に連れていくために、徹底的に寄り添ってあげる必要があるのです。(そういう生産者がリピートされます。)

んで、寄り添ってあげるために必要なのが

お客様に、「あなたについていこう!」と思ってもらうことです。

自分がどんなにお客様のことを思っていても、お客様から自発的に「ついていこう!」と思われないと寄り添えませんからね。

逆にいうと、「あなたについていこう!」と思わせることができたら

寄り添うことができるし、お客様を理想世界に連れていくこともできるし

結果的に、お金を稼ぐことができます。

◼️マーケティングとは

では「あなたについていこう!」と思わせるにはどうすれば良いのか?

それには、3つのフェーズが必要になってきます。

http://mononohu.net/tuiteiku.png

STEP1:気づいてもらう

STEP2:興味を持ってもらう

STEP3:信頼してもらう

この3STEPです。

『STEP1:気づいてもらう』については、今回は割愛します。

ターゲットにもよりますが、恐らくStory Writing Academyのみなさんはネット集客がメインかな?と思うので

基本的にはブログやSNSを活用して広く集客することになります。

んで『STEP2:興味を持ってもらう』ために必要なのが「恋的概念」です。

お客様に恋をさせることによって、興味を持ってもらいます。

お客様の中にある「〜をしたい」「〜ができるようになりたい」といった欲求を刺激し

「この人についていけば理想世界にいけるんじゃないか?」と思わせることが必要というわけです。

ですがそれだけではお客様は理想世界に行けません。

理想に向かって何かしら行動を起こさないと、現実は変化しないからです。

(マックに行ってハンバーガーを購入しただけでは、お腹は満たされませんよね。)

そこで必要になってくるのが

『STEP3:信頼してもらう』です。

お客様に信頼してもらうことによって「あなたについていこう!」と思わせ、行動してもらうことで初めてお客様は理想世界に行けます。

そしてその対価となるのが、お金なんです。

もっというと、この3STEPを実務ベースで考えるのがマーケティングです。

◼️愛で信頼を獲得し、お金を稼ぐ

お客様を理想世界に連れていくことによってその対価としてお金を稼ぐことができる…というお話をしました。

「恋でお客様に興味を持ってもらうこと」

はもちろん重要なんですが、

『STEP3:信頼してもらう』は恋だけでは達成できません。

そこで重要になってくるのが、愛です。

愛が芽生えた瞬間、お金が稼げるようになります。

(恋と愛の違いについては、前回のメルマガを参照ください)

恋だけでお客様に行動してもらおうとすると、結局「自分さえよければそれで良い」という思いが先行してしまい

お客様を本気で理想世界に連れていこうという思いが薄れてしまうのです。

お客様の欲求を刺激することで短期的には稼げるかもしれませんが、結局お客様の人生が変わらなくてクレームに繋がったり、リピーターが生まれません。

そういったビジネスをしていると、いつか反動がきて稼げなくなってしまいます。

長期的に安定した稼ぎを得るためには、

お客様に愛を持って接し、信頼関係を徐々に築いていくスタンスが重要になってくるというわけです。

そうすることで

「あなたについていこう!」とお客様に思わせることができ

収益もどんどん生まれていくでしょう。

◼️今日のアウトプット

それでは今日のアウトプットです。

”お客様に「あなたについていこう!」と思ってもらう為に必要な3つのSTEPを述べよ!”

今回はメルマガ内容の復習問題です(`・ω・´)

ぜひ考えてみて(わからなかったら見直してみて)

メールに返信する形で、アウトプットしてみてくださいね!

では今日はこの辺で。

ありがとうございました!